マジャパヒト玉という伝統的なデザインの古風なビーズで、連に含まれるビーズのサイズがグラデーションになっているのが大きな特徴です。「マジャパヒト」という名前はKerajaan Majapahit という、バリ島で栄えたインドネシア最後のヒンドゥー王国の名前に由来します。「このタイプのビーズがなぜこの名で呼ばれるのか?」という質問に現地の人は「なぜかな?」と答えました。アンティークではなく現代のジャワで生産されたものです。ちなみに、Majapahitは現地ではほとんど「マジャパイ」と聞こえますが日本では一般に「マジャパヒト」と発音されるようです。これらのビーズは手作りアクセサリーやハンドメイドジュエリーのパーツとして販売されています。これらのビーズは手作りアクセサリーやハンドメイドジュエリーのパーツとして販売されています。
06-019
06-019
06-020
06-020
06-021
06-021
06-022
06-022
06-023
06-023